inFablic | Fablic, inc. Developer's Blog.

フリマアプリ フリル (FRIL) を運営する Fablic の公式開発者ブログです。Fablic のデザイナー・エンジニア・ディレクターが情報発信していきます。

iOSDC 2017でFirebaseとBigQueryを使ったアプリのKPI分析について発表しました

こんにちは、shobyです。 iOSDC 2017でFirebaseとBigQueryを使ったアプリのKPI分析について発表してきました。 今回は特にサービスの成長に貢献する方法の一つとして、CMのKPI分析という手段を紹介しました。

続きを読む

RubyKaigi2017にstaffとして参加しました! 1日目

f:id:infablic:20170918210631j:plain

こんにちは、サーバーサイドエンジニアのtommyです。

私は現在、StaffとしてRubyKaigi2017に参加しております! この記事では、1日目の様子を臨場感とともにお送りできればと思います。
今回の会場は広島国際会議場。前日までの台風も無事通り過ぎ、晴天となりました。

続きを読む

過去のCMデータを元に、新規CMによるインストール増加数を予測する

こんにちは。shobyです。

フリルでは定期的に全国でCMを放送しており、各CMについて分析を行っています。

今回は、過去のCMデータを元に、新規CMによるインストール増加数を予測し、CMに合わせたキャンペーンのタイミング検討や、サーバーの負荷対策に活かす方法をご紹介します。

続きを読む

Fablic.vim#3を主催しました

去る2017-09-07 (木) の夜に、恵比寿のFablic本社にてVimの勉強会 Fablic.vim #3 を主催しました。 https://fablicvim.connpass.com/event/65469/

概要

  • Fablic社が主催するVimの勉強会Fablic.vimの三回目を行いました。
  • ピザを食べたり各種ドリンクを呑みながら、Vim雑談をしたり、Vimの技術プレゼンを行う会です。

f:id:infablic:20170908183348j:plain

続きを読む

A/Bテストを用いてCMの費用対効果を改善する

f:id:shoby:20170906194945p:plain

こんにちは。shobyです。

フリルでは定期的に全国でCMを放送しており、各CMの費用対効果を改善する必要が生じています。

CMを定期的に放送し続ける場合、PDCAを回しながら、CMの費用対効果を改善していくことができます。 今回は、CMの費用対効果改善のために、広告内容のA/Bテストを行う方法をご紹介します。

続きを読む

RedashでMySQLとBigQueryを組み合わせたデータ分析を行う(Python DataSource)

f:id:shoby:20170823170543p:plain

こんにちは。shobyです。

現在フリルでは、Redashを分析基盤として、CM効果検証などの様々な分析に利用しています。

今回は、Redashを使い、MySQL+BigQueryなど、複数のDataSourceを組み合わせた分析を行う方法をご紹介します。

※以下の情報は、Redash 1.0.3を想定しています。

概要

  • フリルの分析におけるMySQLとBigQueryの使い分け
  • RedashのPython DataSource
  • Python DataSourceの準備
  • 実行済みクエリの結果を組み合わせる
  • 複数のクエリを実行して組み合わせる
  • Python DataSourceのデバッグについて
続きを読む