inFablic | Fablic, inc. Developer's Blog.

フリマアプリ フリル (FRIL) を運営する Fablic の公式開発者ブログです。Fablic のデザイナー・エンジニア・ディレクターが情報発信していきます。

Fablic, incはVimConf 2017をスポンサーします

この度、FRILを運営している株式会社Fablicは、VimConf 2017のブロンズスポンサーとなりました。当日は弊社社員も数名参加します。Vim使いの皆様、よろしくお願いします。

残念ながらFablicからのVimConf 2017での発表登壇者はいませんが、ujihisa さんがVimConf 2017 運営スタッフの一員として、VimConf 2017の準備、そして当日の同時通訳業の一部を担っています。社員一同応援しています!

f:id:infablic:20171011194641p:plain
VimConf 2017

VimConf 2017がすごい

スタッフによりますと、公式サイトにかかれている4名以外に、近日中に公開されると思いますが、公募による発表応募から採択された登壇者とその発表内容のクオリティがとんでもなくすばらしいです。初心者向けから上級者向けまで幅広くかつ奥深く用意しているとのことです。 これは例年そうで、過去にはVimについて根本的に考えを改めざるを得ないとの感想を得た人がいるほど、lifechangingな会であったと人々に記憶されています。今年は、例年のものを数倍に濃度を高めたものとして提供していく気持ちであるとのことです。

Twitter上での人々の反応:

vimconf OR vimconf2017 - Twitter Search

概して、「チケットが安すぎる」という批判がありました。5400円の一般チケットと、10800円の個人スポンサーがあるのですが、実はチケット価格にはすでにカンファレンス最中の超高級東京風弁当、飲み物、そしてカンファレンス後の懇親会の超高級ディナーなどが含まれてるので、実質無料で世界最大のVimのカンファレンスに参加できるようになっています。

FablicとVimのかかわり

Fablicは、Ruby on Railsを用いたサーバサイドソフトウェア開発者のうち約半数がVim使いで、また、Fablic.vim というVimの勉強会を不定期に主催しています。vital.vimの主要開発者が会議をするための場を提供するなども行い、Vim業界に貢献を行っています。Vim初心者の人は、詳しい人がやさしく教えてくれるので、とても便利と評判です。社内のEmacs使いやRubyMine使いとそれぞれお互いに情報交換を行い、切磋琢磨しています。

f:id:infablic:20171011194641p:plain

文責: ujihisa