inFablic | Fablic, inc. Developer's Blog.

フリマアプリ フリル (FRIL) を運営する Fablic の公式開発者ブログです。Fablic のデザイナー・エンジニア・ディレクターが情報発信していきます。

TokyuRubyKaigiに参加しました

はじめに

こんにちは。 tommy です。
今回は、VOYAGE GROUP本社で開催されたTokyuRubyKaigiの様子をレポートしたいと思います!

会場

会場は、VOYAGE GROUPの本社でした・・・!

f:id:kazu9su:20170729215046j:plain

船がかっこよすぎる。まさに航海に踏み出している様子が見て取れます。

ザ・プレミアム・モルツの美味しさの秘密

さて、早速発表に移っていきます。

f:id:kazu9su:20170729215550j:plain

会場はプレミアム・モルツ祭りでした。なんと手を上げるだけで無限にプレミアム・モルツを堪能できるという充実っぷり。
なんて贅沢な時間なんでしょうか。
そんなプレミアム・モルツの美味しさの秘密を探るべく、天然水 vs 水道水の味比べが行われました。

f:id:kazu9su:20170729215906j:plain

結果は3対2で天然水を当てた方が多かったです。目黒川の水もいい感じの味がするとかしないとか・・・

さあみなさんご一緒に。プレモルサイコー #プレモルセミナー

会場説明

そんな中VGの方から会場の紹介などいただきました。
我々にとっては命とビールの次に大切なwifiなどを提供いただきました。ありがとうございました。
icosでないタバコは、外まで行かないと吸えないらしいです。時代の流れでしょうか。

投票アプリ説明

さらに本日のLT王&飯王を決める投票アプリの説明が行われました。
参加者だけで投票が行われます。

The Architecture of Haml 5

Ruby界のヤバイ人の一人と言われるk0kubunさんの発表。
一言で表すならば、「Hamlの新しいやつ、めっちゃやばい」

続・JSON APIとフォーマットの話

json ldのお話でした。検索結果がいい感じになるとかならないとか

Rails の辛みを回避するための処方箋

Railsの辛みのお話です。Railsが辛いんじゃなくて人が… おっと。誰か来たようだ。

Vim

ここで、弊社が誇るVimのヤバイ人、ujihisaの登場です。
今回は、持参したPC (Gentoo Linux)でプロジェクタに繋げないので、Google Hangouts経由で発表を行うというヤバさを披露してくれました。

https://gist.github.com/ujihisa/ebae146aa815fc2d25c4c32a55402f97

帰納法を駆使すれば、vimはrubyであるという結論に容易に達することができます。

発表後、Fablicはvim至上主義というレッテルを貼られる勢いでした。 しかし実際には、vim派とemacs派が日々激しく火花を散らす温かい職場です。

Ruby On Railsを利用したサービスで特定のユーザ(〇〇〇万人)に何らかの告知をするための効率的な方法

弊社からの刺客の発表が続きます。
上杉による発表は、「わかる!」が多発するとてもいい発表でした。 

f:id:kazu9su:20170729222226j:plain

ちなみにメ○カリとFRILの使用率はだいたい半々でした。(tqrk11調べ)

Rubyで電話する、電話を受ける

メールで欠勤連絡は大変失礼なので、slackを通じて、電話をかけてくれるbotのお話でした。
rubyを学びたいという女の子も一緒に参加しているとのことで、rubyおじさんたちの熱い指導があったとかなかったとか

Ruby on Rails on Azure (仮)

Azureでrubyを頑張るお話でした。
時間内に発表が終わらず、「えっ!?」という引きが気になる発表でした。

別にRubyistではないのだけれどノリと勢いでRubyのOSSに貢献した気持ち

emacs使いであったり、rubyistでなかったりと、会場内で敵意むき出しで話しかけられたとかかけられなかったとか。

RuboCop: Ragnarok

rubocopの設定を外部化したgemのお話。
fablicopの機運が高まる、素晴らしい発表でした。

SSH configuration meets Ruby <3

「めっちゃいい」
「ブロックっていいよね」
など、かなりよさげなgemの発表でした。

抽選LT

ここで第一部が終わり、抽選LTの当選者が発表されました。 f:id:kazu9su:20170729223337j:plain

はい。ありがとうございます。ワタクシ見事当選いたしました。
LTも当然用意していたのですが、先程のonkさんの発表により、fablicopの機運の高まりが最高潮に達していたため、 急遽fablicopをgemとしてリリースして発表することにしました。

fablicop

そこで第二部の間に作ったfablicopがこちらです。

fablicop | RubyGems.org | your community gem host

なんということでしょう。FablicのメンバーとしてTokyuRubyKaigiに参加すると、gemのauthorになることができました。 是非みなさんもFablicに入社し、TokyuRubyKaigiに参加することをオススメします。

会場の様子

大変申し訳ございませんが、このあたりから、プレミアム・モルツが美味しすぎることにより記憶が飛んだり飛ばなかったりしておりました。 そんな会場の様子をハイライトでお伝えいたします。

f:id:kazu9su:20170729224030j:plain

f:id:kazu9su:20170729224042j:plain

f:id:kazu9su:20170729224054j:plain

しっかりと会場の方々にFRILをアピールできたようです。

終わりに

今回はTokyuRubyKaigi参加レポートをお送りしました。 プレモルサイコーだし、いい話は聞けるし、プレモルをもっと買っていく機運が高まる会でした。 是非来年も参加してプレモルサイコーと言いたいと思います。