inFablic | Fablic, inc. Developer's Blog.

フリマアプリ フリル (FRIL) を運営する Fablic の公式開発者ブログです。Fablic のデザイナー・エンジニア・ディレクターが情報発信していきます。

CMの分析や効果向上に役立つ政府の統計調査資料

こんにちは。shobyです。

フリルでは定期的に全国でCMを放送しており、各CMの効果計測をする必要が生じています。

今回は、CMの分析や効果向上に役立つ政府の統計調査資料をご紹介します。

情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査

総務省の情報通信政策研究所が毎年発表している、メディアに関する利用実態の調査です。

www.soumu.go.jp

こちらの調査では、CM分析に有用な以下のデータが閲覧できます。

  • 年代別・性別、時間帯ごとのテレビ視聴行為者率
  • 年代別、テレビ視聴とインターネット併用(ながら視聴)行為者率

これらのデータから、例えば、平日の20代女性のテレビ視聴時間帯は、7時台と20〜21時台にピークがあることが分かります。 また、平日の20代では、7時代よりも20〜21時台の方が、ながら視聴をする人の割合が高いことが分かります。

これらのデータを考慮した上で、自社データの分析結果と突き合わせることで、よりターゲットユーザー層に届きやすいCMの投下計画を立てやすくなります。

社会生活基本調査

総務省の統計局が発表している、自由時間の使い方に関する実態調査です。

www.stat.go.jp

このデータから、年代別、都道府県別に、自由時間にどういった行動を取っているかが分かります。

これらのデータを考慮すると、よりターゲットユーザー層に届きやすい内容のCMを作りやすくなります。

その他の統計調査

以下のページから政府の統計データを探すことができます。

探したいデータが決まっている場合はキーワード検索もできます。

e-Stat 政府統計の総合窓口

まとめ

政府の発表している統計調査を用いることにより、CMの分析や費用対効果の向上に役立てることができます。

その他、欲しいデータが決まっている場合には窓口ページから探しましょう。