inFablic | Fablic, inc. Developer's Blog.

フリマアプリ フリル (FRIL) を運営する Fablic の公式開発者ブログです。Fablic のデザイナー・エンジニア・ディレクターが情報発信していきます。

RejectKaigi2017参加レポート

はじめに

こんにちは。 tommy です。
今回は、Speee社で開催されたRejectKaigi2017の様子をレポートしたいと思います!

会場

Speee本社で開催されました。

広く快適なイベントスペースはもちろん、Speeeブレンドのコーヒーがとてもおいしい。
フリードリンクで飲み放題でした。
爽やかで飲みやすく、とても美味しい。そんなコーヒーでした。また飲みたい。

ハンドスピナーも配布されていました。

Rejectされたとはいえ、RubyKaigiで話す予定であった話ということで、気になる発表が連続。
高い期待感に包まれて始まりました。

開会の挨拶 @amatsuda

@amatsudaさんの開会の挨拶によりはじまりました。 堅苦しいこと抜きの、楽しい発表が始まります!

Rubyで機械学習を行うための「巨人の肩に乗る」別の方法 @naitoh

www.slideshare.net

Rubyで機械学習を行うため、Pythonの機械学習のライブラリをRubyに移植したい。
単純にPythonのライブラリを呼び出すのではなく、Ruby実装への移植するお話でした。
目的のための道のりが果てしなく険しそうだなという感想をいだきましたが、実装に踏み出しているのはすごい。
会場では、1人でやるのは大変なので誰かと一緒にやってはどうか、あるいは既存のプロジェクトへ参加してはどうかという意見も。
確かにやるべきことが膨大そうなので、そういったアプローチも有効そうだなと感じました。

巨人(コミュニティ)の力を借りる。素晴らしい文化ですね。

RejectKaigi @youchan

RejectKaigi2017

RejectKaigiというCFPを提出したが落選し、今回発表するとのこと。 Quine ×dRubyのお話。

Quineすごい。 @youchanさんはRubyKaigiでも登壇予定であり、その伏線でもありました。楽しみ…!

GraphQL on Rails @gfx

この発表を聞きに来たという人もいたほど。
GraphQLとはWebAPIのためのクエリ言語です。
形式はJSON, エンドポイントは1つでよいなどのメリットがあるとか。

「REST APIは開発者の気持ちというよくわからないものに依存している。」
「まったくわからない」
「びっくりするほどわからない」

個人的には、自分で考えることがREST APIに比べて圧倒的に少ないというところに魅力を感じました。
そんなことを思っていると弊社でもGraphQL採用の機運が密かに高まっていました。

フットワーク軽く、いいものをどんどん取り入れていきたいですね。

内容については、すでにご自身で公開されているようなので(めちゃくちゃ早い!!)、
要チェックです!

blog.bitjourney.com

普通のRailsアプリをDockerで本番運用する知見 @zaru

www.slideshare.net

dockerを本番運用する上での様々な知見が共有されました。
会場では「わかる!」という雰囲気が一部伝わってきました。

しかし、やはり色々と考える事も多く、macで立ち上げると遅かったりする。
何が言いたいかというと、 Herokuサイコー!!

結局は、どんな技術選択においても、何が必要なのかを見極めることが、一番大事なことという
とても為になる知見が共有されました。

抽選会

Speeeブレンドコーヒーなどが当たる抽選会が開催されていました。
コーヒー欲しかった…しょうがないのでまたSpeee行こう…

RubyKaigi 2017タイムテーブル徹底解説 @a_matsuda @takahashim

RubyKaigi全リストの見所の紹介が行われました。

会場の盛り上がりが最高潮に達していました。
ワタクシも参加するので今から楽しみです!

Data Engineering of Rails @joker1007

「現実的にお金稼ぎ出したサービスは止まれない」という言葉がとても印象的でした。
ActiveRecordを始めとするRailsの文化に沿ったテーブル設計だと、データ収集・解析には不向きなものになるというのは、
新規でサービスを作るときには押さえて置くべき点ですね。
成功しているサービスだからこそ顕在化する問題かもしれませんが。

知見のある有意義なお話でした。

file upload 2017 @willnet

会場内、声には出ていませんでしたがめっちゃわかるが多発していたのではないでしょうか。
少なくとも僕は心のなかでめっちゃわかると言っていました。
業務の中で使っているライブラリ、Rubyの実装を覗いてみる勇気があれば、登壇者への道が拓けるのかもしれません。

ファイルアップロードでは、実装上気にしなければならないことが多数あり、すごく難しいとのこと。
エンコード、バリデーション、 etc…
それらの処理をどこでやるか?などはとても重要な問題です。

数あるgemの中で、 @willnet さんはActiveStorageを使っているそうです。
ダイレクトアップロード、めっちゃいい…!!

会場内もダイレクトアップロードの機運が高まっているようでした。

ファイルアップロードで抑えるべき点は、shrineのドキュメントが詳しいとのこと。これは要チェックですね。

懇親会

今回は参加しませんでしたが、お寿司を囲みながらの懇親会はとてもよさそうでした。
次回は登壇者として参加したいものです。

RubyKaigi LT

ちょうどRejectKaigiが終わろうとしていた頃、LTの採択通知があったようです。

登壇者の @joker1007 さん、弊社の@ujmのCFPが採択されたようです。めでたい!
ちなみにワタクシも応募しておりましたが、今回は落選したようです、次回こそは…!!

終わりに

とても濃い、有意義な時間でした。
最近Rubyを始め、コミュニティに顔を出し始めた感想として、低レイヤーのお話が多かったり、メジャーライブラリのコミッターが当たり前に会場にいたりと、 すごく魅力を感じています。今回もそれを改めて実感する会でした。
RubyKaigiもですが、RejectKaigiもお忘れなく!