inFablic | Fablic, inc. Developer's Blog.

フリマアプリ フリル (FRIL) を運営する Fablic の公式開発者ブログです。Fablic のデザイナー・エンジニア・ディレクターが情報発信していきます。

WebとアプリでAdwordsのコンバージョンを計測する方法まとめ

こんにちはshobyです。

今回は、Adwordsを使った広告出稿のコンバージョン計測についてのまとめ記事です。 どういったユーザー行動を、どのツールと連携することで計測できるのかをまとめました。

Webに関するコンバージョン計測

特定ページへの到達

Adwordsのコンバージョントラッキングタグを埋め込むか、 GoogleAnalyticsの目標とコンバージョンをインポートすることで、特定ページへの到達をコンバージョンとして計測できるようになります。

特定の操作

「購入ボタンを押した」といった特定の操作をコンバージョンとして計測したい場合、以下の手順が必要です。

アプリに関するコンバージョン計測

インストール

Android

Androidは、Gogle PlayとAdwordsをリンクすることで、Google Playからのインストールをコンバージョンとして計測できるようになります。

iOS

iOSはGoogle Playを使ったコンバージョン計測が行えないため、Firebaseを用いる必要があります。FirebaseとAdwordsをリンクすることでコンバージョン計測が行えるようになります。*1

Firebaseで自動集計される初回起動イベントを、インストールのコンバージョンとして計測します。

自動集計であるため、Firebase SDKが組み込まれていればよく、特別な集計コードをアプリ側に記述する必要はありません。

アプリ内課金

アプリ内課金はインストールと同様に、AndroidはGoogle Play、iOSはFirebaseとリンクすることで計測が可能です。

特定の操作

アプリ内での特定の操作をコンバージョンとして計測したい場合は、Firebaseを用いる必要があります。 アプリ内にFirebaseイベントの計測コードを記述すれば、そのイベントをコンバージョンとして利用できるようになります。

WebView内の操作

WebView内の操作をコンバージョンとして計測したい場合、二つの方法があります。

一つはWebViewでJavaScriptブリッジを使って、Firebaseのイベントを計測する方法、 もう一つがGoogleのApp Attribution Partnerが提供するサーバーサイドイベント計測を利用する方法です。

App Attribution Partnerのサーバーサイドイベント計測をおすすめします。*2

例として、Adjustを使った方法を紹介します。

まとめ

Adwordsのコンバージョンを計測する場合、WebではGoogle Analytics、 アプリではGoogle Play、Firebase、Adjustといったツールとリンクすることで、 様々なユーザー行動をコンバージョンとして計測できるようになります。

*1:Adwords SDKを使う方法は廃止される予定のため、Firebaseを使った方法が推奨されています。

*2:JavaScriptブリッジの方法は計測コードのせいで技術的負債を抱えることになります...