inFablic | Fablic, inc. Developer's Blog.

フリマアプリ ラクマを運営する Fablic の公式開発者ブログです。Fablic のデザイナー・エンジニア・ディレクターが情報発信していきます。

「テレビCMプロモーション 改善事例共有会」開催レポート

こんにちは。shobyです。

2017-12-13(水)にFablicで「テレビCMプロモーション 改善事例共有会」というイベントを開催しました。

CMに関係する方達が熱い議論を交わし、質疑応答が止まらず、危うく懇親会の時間がなくなるほどの盛り上がりを見せました。

当日の様子を発表資料や写真を交えてご紹介します。

「テレビCMプロモーション 改善事例共有会」とは

テレビCMを活用したプロモーションの改善事例を共有するためのイベントです。

情報が少なく、謎に包まれたテレビCMを使ったプロモーションに対して、関係者が集まり、情報交換をするために開催されました。

fablic.connpass.com

発表内容

フリルの事例:土屋

f:id:shoby:20171213195341j:plain

www.slideshare.net

CMの目的と、実施したことによる効果、およびクリエイティブの評価軸と改善方法についての発表です。

フリルではCMにより、短期間にでの認知度を拡大と、出品や取引の増加を狙って新規ユーザー獲得をするためにプロモーションを行っています。

イベントでは、認知度をアンケートベースで調査する方法や、新規ユーザー獲得の獲得効率を測る方法を紹介し、それらを元にクリエイティブを評価して改善する実践的な方法について発表がありました。

発表中では具体的な数値も含まれていましたが、発表資料では公開できないため、興味がある方は直接ご連絡いただくか、次回のイベントにご参加ください!

フリルの事例(分析編):井坂

f:id:shoby:20171213200740j:plain

フリルのCMの効果を分析し、仮説検証を元に費用対効果を改善する方法についての発表です。

曜日・時間と都道府県という二つの側面から、メディアバイイングを改善し、費用対効果を改善する方法を紹介しました。

発表中に紹介した都道府県別のCPIを計測する方法に関しては、他の参加者の方もメディアバイイングに活用しているそうです。

詳細は以前書いた記事をご覧ください。

http://in.fablic.co.jp/entry/2017/07/13/100000

クラシルの事例:岩間

クラシルがCM投下をする際に考慮しているキャスティング、クリエイティブ、デジタルマーケティングについての発表です。

ブランドイメージとマッチしたタレントのを選定したことによる効果や、注目度の高いクリエイティブを制作するためのノウハウ、CMに合わせたデジタルマーケティングの方法について紹介がありました。

YouTube×TVCM:morimori

YouTubeを活用し、TVCMの効果を最大化するための方法について発表がありました。 (※発表内容は会場限定です🙊 )

pixivの事例:you88

ピクシブコミックのCMを放送した際に学んだことや、デジタルプロモーションについて発表がありました。

デジタル広告だけでなく、サービス内のインセンティブを用いてダウンロード促進を行った話などの紹介がありました。

SmartHR の事例:arakin

B to BサービスでCMを打つという事例について紹介がありました。

CPAやROIで見ると厳しいB to BのCMでも、 顧客に対する信頼感が増し、契約成立率が上がったという話や、 CMを打つと下がりがちなCVRを登録画面の改修で事前に防いだという話など、 貴重な知見が聞けました。

ALBUSの事例:dsk1124

ALBUSで地方CMを行なった際の効果検証方法についての発表です。

サーバー監視ツールであるMackerelを使い、アクセス増加のタイミングをCM放送タイミングと突き合わせて判定する方法の紹介がありました。 放送した地域の県民性がアクセス数に現れるというのは面白い知見でした。

まとめと感想

発表必須、CMプロモーション関係者限定という小さな会でしたが、濃いイベントになり、貴重な情報交換ができました。

以下のような幅広いトピックに関して、情報交換ができた貴重な会だったと思います。

  • CM投下の意思決定
  • CMで追うべき指標
  • アンケートの設計方法
  • データ分析
  • クリエイティブの最適化
  • ブランドイメージを考慮したキャスティング
  • メディアバイイングの最適化
  • テストマーケティング
  • デジタルマーケティングとの組み合わせ方法
  • to B向けのCM投下

第二回も開催を予定していますのでお楽しみに!