inFablic | Fablic, inc. Developer's Blog.

フリマアプリ フリル (FRIL) を運営する Fablic の公式開発者ブログです。Fablic のデザイナー・エンジニア・ディレクターが情報発信していきます。

takejune の検索結果:

自社ブログinFablicを盛り上げる仕組みづくり

… 執筆の直接依頼とサポートをすることで、新しいメンバーに記事を投稿してもらいました。 これからのinFablicの投稿にぜひご期待ください。 *1:こちらはwariemonが中心となって行われた取り組みです。 *2:こちらはtakejuneが中心となって行われた取り組みです。 *3:こちらはyutadayoが中心となって行われた取り組みです。 *4:こちらはshobyとtommyが中心となって行われた取り組みです。 *5:こちらはshobyが中心となって行われた取り組みです。

Before UI Design - 定性と定量の間で考える

…ジャーをしている @takejune です。最近は筋トレに励んでいます。 先日、弊社で運営しているフリル(FRIL)がGoogle PLAYの2016年ベストアプリに選ばれ、ベストデザイン賞を獲得しました🎉 Material Designに対応し、Androidユーザーにとっての使いやすさを考えてきたことが受賞に繋がったと思っています。 このように、近年ではプラットフォーマーのデザインガイドラインが充実し、ユーザーにとって易しいUIをつくることが容易になってきました。 また、…

「Think User First #4 ユーザーファーストなサービスの立ち上げ方」を開催しました

…にちは、デザイナーのtakejuneです。 6/18(土)に「Think User First #4 ユーザーファーストなサービスの立ち上げ方」という勉強会を開催しました。 Think User First はクックパッド社と共同で運営しているサービスデザインの勉強会です。 4回目となる今回はFablicの新規開発フローを学び、その一部を体験できるワークショップを開催しました。 当日のスライドを公開します 本イベントの開催に伴い、Fablicのサービスデザイン手法の棚卸しを行…

デザイナーを50人集めて、もうやんカレーを召喚した話

…6FQM9xRb— takejune (@takejune) October 29, 2015 やはり最高らしいという情報を得た。— takejune (@takejune) October 29, 2015 同僚に経験者がおり、裏を取ったところやはり最高とのこと。やるしかねえ。 50人集めないともうやんが来てくれなかった どうやらもうやんカレーのケータリングには大人数が必要なようです。 50人集めるともうやんカレーを召喚できることがわかったのでカレーの会をやりたい。— ta…

FRILリニューアルの裏にある仮説と検証

…にちは、デザイナーのtakejuneです。先日COOKPADと共同開催したデザインセミナー「Think User First #2」で、「FRILリニューアルの裏にある仮説と検証」というタイトルでお話しさせて頂きました。 フリルのリニューアルを事例に、致命的な失敗を避けるために行ったことを、以下の様な構成でお話しました。 定性的調査・定量的調査に基づき仮説を立てる 仮説をもとに設計する 段階的にリリースして検証する この記事ではスライドの内容をかんたんに補足していきます。 …

Think User First #2 - Cookpad × Fablic を開催しました!

…れました。 登壇者への質問や参加者同士の意見交換が活発で、参加者の方の熱量を感じました。 ユーザーファーストについて、学ぶだけでなく語り合えるコミュニティとしてThink User Firstを育てていくことができればと思っています。 現在、第3回の開催も検討していますのでお楽しみに! こちらはFablic Advent Calendar 2015の12/7の記事です。 明日はtakejuneさんがFRILのリニューアルについて書いてくれます。ぜひこちらも併せてご覧ください!

Think User First - Cookpad × Fablic を開催しました!

こんにちは!デザイナーのkobachiです。 7/23(木)にThink User First – Cookpad × Fablicというイベントを開催しました。 本イベントのレポートをお届けします。

ユーザーと一緒にサービスを作る文化について

…して、Fablicのtakejuneです。Frilのプロダクトオーナー、デザイナー、ディレクターを務めています。 このブログでは、Fablicのメンバーが日々の考え・発見・得られた知見をお届けしていきます。 第1回は、Fablicの「ユーザーと一緒に作る文化」についてご紹介します。 まずは、Fablic社の集合写真をごらんください。 ご覧のとおり、半数以上が女性です。彼女たちは弊社のスタッフであり、女性向けフリマアプリFrilのユーザーでもあります。自分たちは、彼女たちと協力…