inFablic | Fablic, inc. Developer's Blog.

フリマアプリ ラクマを運営する Fablic の公式開発者ブログです。Fablic のデザイナー・エンジニア・ディレクターが情報発信していきます。

yutadayo の検索結果:

自社ブログinFablicを盛り上げる仕組みづくり

… 執筆の直接依頼とサポートをすることで、新しいメンバーに記事を投稿してもらいました。 これからのinFablicの投稿にぜひご期待ください。 *1:こちらはwariemonが中心となって行われた取り組みです。 *2:こちらはtakejuneが中心となって行われた取り組みです。 *3:こちらはyutadayoが中心となって行われた取り組みです。 *4:こちらはshobyとtommyが中心となって行われた取り組みです。 *5:こちらはshobyが中心となって行われた取り組みです。

構造化面接のススメ

…CTOをしている @yutadayo です。 ここ1年程は採用や福利厚生、会社の制度設計に関わることが多く、エンジニアとしての人権は失いつつあるこの頃です。 みなさんの会社では面接はどのように行われているでしょうか? 面接の目的は 候補者の方がチームに加わった時に、どのぐらい力を発揮できるか予想すること にあると思います。 しかし、限られた時間の中で、候補者の方の人となりや能力を正しく測ることは困難を極めます。 あなたの会社では面接の担当者は決まっていますか? 候補者の方に質…

VimConf 2017をスポンサーし、特化型のチラシを作って配布しました

…lic共同設立者の@yutadayoさん、あるいはそれら両方に気軽にメンションしてみましょう。なんて書けばわからなければとりあえず「VimConf 2017のチラシ見ました! 一緒に和牛食べたいです!」と自分のvimrcへのリンクと一緒にtweetするとはかどります。 @ujmさんはVimConf 2017の同時通訳の英語から日本語への変換を担当してた人です。 @yutadayoさんはこんな人です。 vimを始めて以来、背も伸びるし、友達も増えるし、会社に優秀なVimmerの…

Ebisu.rb#14を開催しました

…b— yuta (@yutadayo) 2017年10月18日 concurrent ruby, fluentd などでもFiberは使われていない #ebisurb— tommy (@tooooooooomy) 2017年10月18日 終了後 LT終了後も引き続き交流会を行い、盛況のうちに久しぶりのEbisu.rbを終えることができました。 次回は11月22日に開催します! #ebisurb— tommy (@tooooooooomy) 2017年10月18日 その日のうち…

Fablicでの Codenize.tools を使ったインフラ管理について

…ジニアをやっている yutadayo です。 今回は AWS の環境設定をコードで管理できる Codenize.tools の紹介と弊社での運用事例についてご紹介しようと思います。 インフラのコード化について みなさんは、infrastructure as code を進めるにあたってどういうツールを使っていますでしょうか。 AWSの構成管理は CloudFormation や 最近では Terraform などが注目を集めているようですね。 弊社では chef でサーバの設…

Amazon Auroraへの移行

…ちは、エンジニアの@yutadayoです。 Fablic が運営するフリルでは先日インフラをEC2-Classic環境からVPC環境に全面移行し、同時にリリース当時から使っていた Amazon RDS for MySQL から Amazon Aurora へと移行しました。 まず、移行して2ヶ月程度Auroraを運用した上での、良かった点と改善が必要な点を紹介します。 良かった点 レプリケーション遅延の解消 触れ込みの通り、Amazon Aurora レプリカはプライマリと同…

フリルのログ収集基盤について

…ンジニアをしている@yutadayoです。今回はフリルのアクセスログをどのように収集し、活用しているかを紹介します。 ログ収集で実現したいこと ログ収集にあたり、以下のような実現したいことがありました。 KPIデータの算出 ユーザーの行動分析、機能開発時に考える仮説の裏付けとなるデータの抽出 エラーや障害時の調査 MySQLを使用したデータ分析や管理画面などの整備も行っていますが、ログからしか分からないものに関しては収集してきちんと利用できるようにするのが最終的なゴールです。…